秋の気配 岡山  蒜山高原でソバ開花  のどかな空気に包まれ
秋の気配 岡山  蒜山高原でソバ開花

真庭市の蒜山高原でソバが開花し、秋の訪れを告げている。ソバ畑一面に咲く白い花をスケッチする女性の姿も見られ、高原はのどかな空気に包まれている。見ごろは9月中旬まで。

 ひるぜん蕎麦生産部会では今年、112戸が約63.8ヘクタールで栽培(昨年は122戸、67.5ヘクタール)。7月下旬に種がまかれた。

 天候が良かったため、例年より早く種まきを行った農家も多く、生育も早かった。豊作が期待されたが、8月下旬の台風や雨の影響で、同部会は「収穫量は例年並みの約50トン」と予想している。ソバの刈り取りは10月初旬の予定。